メールはコチラ
ホーム > そろばん

授業内容

そろばん

勉強の基礎は、やっぱり「読み書きそろばん」

 「そろばん式暗算」とは、頭の中で自在にそろばん珠のイメージを操り、計算する暗算方法です。当教室では、多数の暗算有段者を輩出していますが、小学4年生以下のシングルエイジで暗算段位に到達する子供が多いことも当教室の特徴のひとつです。
暗算段位を持っている子供と、そろばん未経験の子供では、計算の速さと正確性において絶望的な差が生まれます。このことは、算数・数学を学習するにあたって、大きなアドバンテージとなります。
国語の基礎が「読み書き」ならば、算数の基礎は「計算」です。しかし、私共は「読み書き計算」という言葉は使いません。なぜなら、計算力を獲得するためには「そろばん式暗算」が最強で最良であるからです。

スモールステップのプリント群

スモールステップの原則を多くの場面で採用しています。また、子供達がよくつまずくポイントを見越して教材を構成していますので、より早く進級することが可能になります。細かい配慮の行き届いた数々の教材のおかげで、アールズでは、低学年・低年齢で暗算段位に到達する生徒をほぼ毎年のように輩出しています。

「そろばん学習を学力向上に活かす」

 そろばん学習で身に付けた計算力と数感覚は、一生の財産となり得る素晴らしいものです。しかし、こうして身に付けた能力を適切に算数に活かす指導を行っているそろばん教室は、まだまだ数が少ないようです。せっかく身に付けた計算力と数感覚ですが、その能力を闇雲に振り回すのではなく、場面に応じてうまく活用できるように指導してあげることが必要です。そのために開発した教材が、『算数ソニック』をはじめとする算数系教材です。アールズは、「そろばんのためのそろばん指導」ではなく、「学力向上のためのそろばん指導」を目指しています。

「自主性を育てる」

 子供の年齢や学習状況に応じて、学習内容を自主的に選択させるということを教室ではやっています。自主的な態度は、ある日突然身につくものではありません。自分でプリントを取りに行く、自分でプリントをファイルに綴じる、自分で時間を計測する。などの活動は幼児でも鍛えれば自分でできるようになります。先生にフォローしてもらいながら、自分でできることを繰り返すことによって、いつしかその日にすべき学習内容を適切に自分で判断できるようになっていきます。日々の学習については、「やったこと」「結果」「直しをしたかどうか」をすべて記録し、履歴を残しています。勉強したプリントもなるべく捨てずに置いておきます。自主性も育てつつ、子供に自信と達成感を感じてもらえるような勉強の仕組みを作り上げています。

「楽しい+安心」

 一般的に、そろばん教室と言えば、「①先生に級の練習プリントをわたされる」→「②延々と練習し続ける」→「③検定に受かって上の級になる」→「④はじめにもどる」の繰り返しのイメージだと思われます。これで伸びる子供も多少は存在しますが、普通は楽しくなくて当たり前です。
 アールズは、そろばんの練習が「楽しくなる」要素をいくつも取り入れています。細かく難易度を設定し、緻密な計算のもとに作成されたプリント群は、長年に亘る研究の賜物です。そして、これらの教材は今後も改良され続けます。子供達が勉強を進めやすい独自の教材によって、勉強する楽しさが引き出されます。

 また、教室の雰囲気も楽しくなければなりません。
うるさい子供、勉強しない子供、落ち着きのない子供は、どこの教室でも一定割合で存在します。さて、こうした子供を頭ごなしに叱りつけて、教室に一定の緊張感を漂わせることはとても簡単なことです。怒鳴っていればいいのですから。しかし、恐怖によって醸成された雰囲気よりも、楽しい雰囲気の方が学習効果は高まります。

 ところが、「怒鳴ったり」「叱ったり」という手法を使わずに、ふんわり楽しく勉強する空間を維持することは、教師に「高い教育技術」と「子供と正面から向き合う深い心」が求められます。騒ぐ子供には、騒ぐ理由があります。勉強しない子供には、勉強しない理由があります。それらの理由のすべてを解き明かすことは不可能です。しかし、「何か理由があっての行動なのだ」と子供を理解しようとする態度を、教師は維持しなくてはなりません。教師がそういう態度を維持することで、子供は安心して教室に入ってくることができます。子供が不安に感じる要素や、不安定になる理由に対して、その子供の成長過程や性格を見極めつつ最適解を模索し続けることは責任教師の重要な仕事です。

 アールズでは、保護者面談を行いながら、保護者の皆様から、子供についての性格・癖・好き嫌い・勉強習慣などをヒアリングし、日々の学習指導に役立てています。また、子供の性格等については、担当教師間でレポートを共有し、「違う教師による対応違い」の事故を未然に防ぐようにしています。
 さらに、定期的に行われる職員研修会や教室長会議において、個々の子供への対応・声のかけ方・動機付け法・改善策などを話し合っています。  アールズは、皆様に安心してまかせていただける教室作りを目指しています。